お口のワンポイント講座 その39 ガムを噛んで虫歯予防

ガムを噛んで虫歯予防

だ液の働きには

  • 口の中の汚れを洗い流す
  • 飲食をして酸性に傾いたお口の中を中性に戻す
  • 溶け出した歯の表面を再構築する(再石灰化)

etc...

虫歯を予防するための様々な役割があります!

物を噛んでいる時に分泌されるだ液を「刺激だ液」と言いますが、噛んでいない時に分泌される「安静だ液」に比べると歯の表面が溶けることを防ぐ重炭酸塩という成分が最大約60倍も多く含まれます。

日常にとりいれやすいガムがおすすめです!
平井歯科ではカルシウムとフッ素イオンが含まれているPos-Ca Fをおすすめしています!

噛むタイミングは毎食後、食後はみがきが出来ない時がおすすめです。

その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.