お口のワンポイント講座 その38 歯がぐらぐら・抜け落ちた時“外傷によって”

歯がぐらぐら・抜け落ちた時

外傷により歯が抜け落ちた時は、その歯を持ってすぐに歯科へ行きましょう!

場合により、元の位置に戻す事ができます。
歯が生着するかどうかは再植までの時間、状態、周囲の骨の状態などによります。

●歯が乾燥しないように生理食塩水または牛乳につけましょう。

●出血があれば清潔なガーゼ、ハンカチでおさえて止血しましょう。

[乳歯の場合]
●めり込んだら、再び生えてくるのを持ちます。5歳以上であは永久歯に影響があるので抜きます。

[永久歯の場合]
●寿命は数年間とも言われています。

※抜けた歯が汚れていてもふいてはダメです。
根っこの周りには組織がたくさんついています。これをできるだけ残しておきましょう。

その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.