お口のワンポイント講座 その37 舌のトレーニング

舌のトレーニング

舌には正しい位置があります。

・舌の先が上の前歯についている
・舌の広い部分が上顎に軽くつけている  状態です。

この位置に持ってこないと舌が下がり「低位舌」という状態になります。「低位舌」だと筋肉のバランスがくずれ、上顎が狭くなり歯並びが悪くなります。また、顎の位置もかわり、気道が狭くなり口呼吸になり唇があきっぱなしに・・・。正しい位置に戻すことによって、歯並びが安定し、矯正後も戻りにくくなり顎が正しく成長します。気道も広くなり、呼吸が楽になります。

◆トレーニング(ガムトレーニング)◆

ガムトレーニングで、下の機能のチェック、片がみの矯正、舌の動きをよくする、舌の筋力をつける、飲みこみの訓練といった効果があります。

手順
①ガムを左右の歯で均等に噛む。どちらかが噛みにくい場合は噛みにくい方で練習しましょう!
②ボール状に下で丸める。
③舌の中央にガムをのせ、そのまま上顎中央に「ぎゅーっ」と3秒間押し付ける。そして円形にうすく広げる。
④舌でガムを上顎に押し付けたまま「ごっくん」と唾を飲み込む。

これができない場合は舌の機能が足りません。他のトレーニング方法もあるので、気になるようならご相談ください!

                 その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.