予防歯科

平井歯科の予防

平井歯科では日頃のケアと予防を大切にしています。「歯医者さんには、痛くなってからいけば良い」と思っている方はいませんか?
それでは、自分の歯を守り、予防していることにはなりません。一生自分の歯で健康的な食生活を送るためには、あらかじめ、予防することが大切です。 歯周病も一種と言われている、現代病のほとんどは生活習慣に密接に関係しています。
毎日のライフスタイルを管理することで、それらを予防できるのです。
また、しっかりと噛む習慣は、成人病や痴呆症の予防に直結していることが解明されつつあります。予防歯科は、病気の発見のみだけではなく、一生自分で噛み、健康で快適な生活を送るための根本的医療の入口なのです。

予防が大切な理由

歯医者は「抜く」「削る」だけではありません。
本来、その人が持って生まれた自然の歯(天然歯)が一番です。
平井歯科では、できるだけ自分の歯を残し、必要最小限の治療で健康な状態に少しでも近づけることを基本としています。
その状態を維持するためにも予防は必要不可欠です。

定期検査のすすめ

予防のために約3か月に1回の定期検査をお勧めしています。
虫歯になっていないか、トラブルはないかなど、チェックいたします。
定期的に検査することで、早期発見できるだけでなく予防もできます。

PMTCで予防

平井歯科の予防

毎日気を付けて隅々まで、磨いていても、歯ブラシの届かないところや歯並びの関係で磨きにくい所がでてきます。
PMTCは、医師や衛生士が専門の機器(ブラシや研磨剤、フロスなど)を使って表面や隅々までお掃除し、予防します。
PMTCには、虫歯や歯周病を予防する働きがあります。
また、質の強化や着色、つやつやした歯を保つ効果もあります。
痛みはありません。

PMTCのメリット

  • 歯周病(歯槽膿漏)や歯肉炎など歯周疾患の予防や改善
  • むし歯菌によって作られたバイオフィルムを破壊することによりむし歯を予防
  • 歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ

フッ素塗布で予防

フッ素塗布

予防に効果的だと言われるのが「フッ素」。
歯磨き粉にもよく入っているのを見かけます。
歯医者さんでする「フッ素」塗布は、高濃度のフッ素を塗布します。フッ素化合物を歯に直接塗り、
虫歯菌などをガードすることで予防をします。
食事をすると、プラーク(歯垢)の中で酸が生まれます。歯のリンやカルシウムを溶かします(脱灰)
フッ素は唾液の中に溶けたリンやカルシウムを再び歯の表面に沈着させ強くする働きがあります(これを再石灰化といいます)。 乳幼児、小学生、中学生くらいまでのお子様の予防におすすめで、生えて間もない時ほど予防効果が大きいといわれています。
早い内にフッ素塗布で歯を強くし、予防しましょう。
フッ素を塗るためだけに歯医者に行くのも面倒だと思うかもしれませんが、
予防のための定期検査の際についでに行うことがベストです。

シーラントでむし歯を予防する

シーラント

シーラントは、奥歯など溝のある部分にプラスチックのレジンを詰めて、予防する方法です。
「虫歯になりそうな歯」や「虫歯になりかけた歯」などの溝を埋めます。歯の溝を埋めることで、食べカスや磨き残しを防ぎ、歯の溝から発生する虫歯を予防することを目的としています。特に生えてすぐの永久歯やみぞが深い複雑な歯に有効です。 しかし、シーラントを行ったからといって完全にむし歯にならないわけではありません。歯と歯の間にできるむし歯には効果がありませんので、フッ素塗布や糸ようじ(フロス)と併用するとより効果的な予防ができます。
また、詰め物がとれたり、欠けたりした場合、逆にむし歯になりやすくなってしまうこともあるため、年に2~3回程度、定期健診を受けて予防に努めましょう。

ページトップへ
Copyright(c) 2012 むし歯・歯周病の予防なら大阪市平野区の平井歯科. All Rights Reserved.