小児歯科

photo

お子様の虫歯治療、予防、歯並びの治療、歯周病予防等の治療を行います。
小児の歯は、大人になってからの、かみ合わせ・歯並び・顎の発育に大きく影響します。「小児の歯は、生え変わるから、虫歯の治療は必要ない」と思う方もいますが、間違いです。小児の歯が虫歯になると、永久歯は違う場所に生えることや前後に移動する可能性もあります。小児の時期に「噛む」ことを怠れば、顎が大きくならない原因にもなりかねません。また、 小児の頃、歯並びや噛みあわせが悪いとコンプレックスになったり、むし歯になりやすかったりしますので、適切な治療を施し、正しい成長を促しましょう。
小児から、歯磨きの習慣・治療・予防を、しっかりと行うことが、一生健康な歯で生活を送る第1歩です。当院ではお子様の大切な歯を守るお手伝いをします。

キッズスペース完備

キッズスペース

当院の小児歯科では、小さいお子様のいらっしゃるお母様が安心して歯の治療に通院できるように、また子供たちができるだけ楽しく治療に通えるようにキッズスペースを完備しております。お子様連れのお母様も安心してご来院ください。

フッ素塗布でむし歯予防

フッ素塗布

当院では、小さなお子様には、フッ素塗布をお勧めしています。フッ素を歯に塗ると、表面のエナメル質を守るだけでなく、酸をつくる虫歯菌(ミュータンス菌)を抑えたりする効果があります。すなわち、初期の虫歯を自ら修復し、むし歯になりにくい強い歯を作ります。小児の歯にフッ素の効果を持続させるためには3~6か月に一度、処置を受けることをおすすめします。

床矯正治療(小児の場合)

小児のあごの成長不足は、歯並びの悪くなる原因です。
そのため、永久歯が生えてくる場所が足りず、永久歯の本数が増えるに従って歯並びは乱れてガタガタになってしまします。
当院では、小児の場合、正しい成長に追いつく様、取り外し式の装置(床装置)を使って歯がならぶスペースを作ります。

床矯正治療

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の小児歯科. All Rights Reserved.