お口のワンポイント講座 その36 親知らず(智歯)

親知らず(智歯)

親知らずとは20歳前後1番最後に生えてくる歯のことで智歯と呼ばれています。
現代人の顎は小さくなってきていると言われており、最後に生える親知らずのスペースが狭くなり、その結果、頬の方向や内側、または水平に生えてくることが多くなりました。

※個人によってかなり違いがあり、上下左右4本ともある人や1本もない人、数や大きさ、生える方向や度合などさまざまです。

●隣の歯を押しながら生えてくるため、歯列の不正を引き起こすことがある

●上の歯で歯肉を噛んでしまったり、食べカスが溜まりやすい

●舌、頬粘膜を噛んだり、擦れて潰傷をつくったりする

このように親知らずは一番奥に不規則な位置に生えているためにブラッシングがしにくく、食物残消(食べカス)が溜まりやすくなり、炎症を引き起こすのです。それが広がったものを智歯周囲炎といい、痛みや頬の腫れの原因です。ひどくなると口が開きにくくなり、食事がとれなかったり、熱が出たりたいへん苦しむ原因となります。

予防としては日ごろから口腔内を清潔に保つことが大切です。念入りにブラッシングをしましょう。

・外側、内側からブラッシング!

・部分用のブラシを使用する!

・洗口剤でよくうがいを!

親知らずは抜いた方が良い場合もありますので、歯科医院に相談を!

                 その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.