お口のワンポイント講座 その35 噛むことで得られる効果

噛むことで得られる効果

①唾液の分泌を促し、ガン・歯の病気予防、体力向上に!

良く噛むことで唾液や胃液の分泌を促し増加させ、食物の消化を高めます。これはガンの予防につながり、また食中毒O-157までも防ぎます!また唾液は、自浄作用・抗菌作用なども促すのでむし歯・歯周病等の予防にもなります。

②脳を活性化させ肥満・老化防止に

顔やあごの周囲には25以上の筋肉があり、よく噛むことでそれらの筋肉を使い、脳内温度が上昇し活性化され、十分な酸素と栄養が送られます。その結果、頭がさえて集中力が高まり、記憶力増加にも影響します。さらに!脳細胞も刺激され、満腹中枢も活性化し、肥満防止にもつながります。高齢者には老化防止、ボケ予防、脳卒中の予防にもなります。

③正常な咬合が美しい発音や言葉を生み出します 平井歯科衛生士

よく噛むことによって顎、顔面の骨、筋肉が発達し正常な咬合と歯並びをつくります。6才までに顔面の骨の80%が成長しますので、それまでにしっかり働かせることが重要です。

                 その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.