お口のワンポイント講座 その33 舌の表面が白っぽいのはなぜ?

舌の表面が白っぽいのはなぜ?

舌の表面には味覚を感じる乳頭(味蕾)が多数あります。そのため、舌の表面はザラザラしています。そこに汚れ(白い物質=舌苔)が溜まります。舌苔の中には細菌が含まれており、口臭の大きな原因になります。

舌苔が多く付着していると、味が感じにくくなってしまうのです。
◆味覚を感じることは大切です!◆
onepint33_1  ・食欲の増進、精神的満足
・食物の危険度の判別
・唾液の分泌調整
・言え器などの消化液の分泌促進
・栄養や体液の恒常性の維持

●舌苔を除去(舌のお掃除)をすることによって見られる効果
口臭を予防・スッキリ
味覚がアップし、余分な糖分・塩分を摂取しなくてすむ

●舌のおそうじ方法
専用のブラシ・道具や、柔らかめの歯ブラシで舌の表面を軽くこすります。
やりすぎには注意!

                 その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.