お口のワンポイント講座 その32 歯も関係してくる身体の病気

歯も関係してくる身体の病気

骨粗しょう症という言葉を聞いた事がありますか?骨粗しょう症とは骨の絶対量は減少しているのに、骨の形の変化を伴わない状態です。加齢とともに発生率は増加し、女性の多くは更年期以降急増します。

【骨粗しょう症の危険因子】
・女性ホルモンの低下・喫煙・運動不足・食習慣・加齢
・遺伝子的背景・過労ストレス・全身的疾患・薬剤の副作用 etc...

平井歯科衛生士

これらの危険因子により骨のカルシウム量が低下し、骨折の危険性や歯を支えている骨の密度が低下・・・歯周病の進行がはやまります

また骨粗しょう症の治療薬であるビスフォスフォネート系のお薬は抜歯などの治療時に問題になってきます。顎の骨が壊死してしまうなどの症状を引き起こす可能性があるので注意が必要です。骨に関するお薬を飲まれている際はご相談ください。

                 その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.