お口のワンポイント講座 その28 「歯間ブラシ」ってどう使うの?

キシリトールはどれをどう食べればいいの?

歯間ブラシは

・歯と歯の間
・ブリッジの舌や冠のまわり
・ワイヤーの内側や矯正装置のまわり など・・・

歯ブラシが届きにくいの歯垢を効果的に落とすことができます。

平井歯科衛生士

奥歯は曲がっているタイプ、

前歯はまっすぐタイプを使うと使いやすい♪


◆歯間ブラシの使い方◆

1.歯間ブラシはゆっくり挿入し、前後に出し入れして歯垢を落とします。

2.内側からも磨きます。

3.歯の形に添って(前後の歯になすりつけるように)磨くと、よりブラッシング効果があります。

はじめは鏡を見ながら磨きましょう!

◆注意◆

≪歯間ブラシは誤った使い方で歯や歯肉を傷つけることがあります。≫

歯間ブラシを挿入する角度が悪いと、歯肉に傷がついてしまいます。
⇒先端部を歯肉の方向に向けず、まっすぐ挿入する

サイズが合っていないと、歯が削れ、歯肉に隙間や傷ができてしまいます。
⇒歯間に合うサイズを確認し、2~3回出し入れをする。

歯間ブラシにはたくさんサイズがあるので、確認してもらいましょう!

                 その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.