お口のワンポイント講座 その26 ブラッシングの基本

ブラッシングの基本

〇ポイント

1.磨き残しを少なくするため順番を決める!
⇒あちこち磨くと細かい所に磨き残しが・・・奥から磨いて、磨けたら前に移動していく。

2.磨く角度
⇒歯の表面に当てることはもちろん、歯ぐきのきわにも当たるように角度をつけましょう。

3.奥歯の頬っぺた側を磨くときはとじぎみに!
⇒大きく開けると頬の筋肉が引っ張られます。お口をとじぎみにすると筋肉が伸びてきわに当たりやすい!

平井歯科衛生士

むし歯の予防も歯周病の予防も基本は毎日のブラッシング!
夜寝ている間に菌は増えます。寝る前は必ず歯磨きをしましょう!


〇補助用品を正しく使う!

【歯間ブラシ】
歯と歯の間にさしこむ。すき間がある程度ないと入らない。まっすぐ入れて出し入れもまっすぐ。自分にあったサイズを使うことが大切!

【糸ようじ(フロス)】
歯と歯の間の上からすべりこませる。すき間が無い人にオススメ!いきなりグッとさしこまずスライドさせながらすべりこませる。場所によって通らないところおあるので注意。

【部分専用】
小さい部分磨き用。奥歯のうしろ、前歯のうしろ、矯正中の歯など磨きづらい所に!小さいので仕上げとして使用。

                 その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.