お口のワンポイント講座 その12 むし歯のおはなし

食育

【虫歯のおはなし】

虫歯になりやすい年齢とは?
生えたての永久歯は歯の質がもろく、成長するにつれ強くなります。
よって、永久歯が生え始める6歳からだいたい20歳くらいまでは虫歯に
なりやすいのでハミガキによる虫歯予防と規則正しい食生活が
大切になります。

平井歯科衛生士

規則正しい食事が虫歯予防になる?
虫歯菌は食べ物の中の糖分をとりこみ酸を出します。この酸によって歯の表面がとけて虫歯になります。
食後5~20分は、口の中の酸性濃度があがります。
その後、唾液によって酸性濃度は下がり、唾液によりとけた歯が元に戻ります。これを再石灰化といいます。
この再石灰化をくり返すことによって虫歯にはなりませんが、
だらだらと長い時間食事をしたり、回数が多いとその分酸性濃度が高い時間が
増えるので、再石灰化がおいつかず虫歯になりやすくなります。
なので、規則正しい食事が虫歯予防にもつながります。

その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.