お口のワンポイント講座 その11 食育

食育

【食育】

毎日の食事でよく噛む事によって顔や首回り、脳に刺激を与え、
骨や筋肉を成長させます。よく噛む事は大切なことです。
では、よく噛むにはどうすればいいのでしょうか?

①虫歯をつくらない
痛みがあったり、欠けているとしっかりかめません。
虫歯になりにくい生活習慣を心掛けましょう。

平井歯科衛生士

②食べ方
朝食を抜いたり、早食いは健康によくありません。
食事は30分以上かけてゆっくり噛んで食べましょう。
また食事時の環境も大切です。姿勢が悪いと正しい位置で噛むことができません。また足をブラブラした状態で食事をすると体が不安定になります。
背筋をのばし、足を床にしっかりつけるか、正座で食事をしましょう。
食事中、飲み物をおいておくと流しこんでしまう場合があります。
飲み物はできれば食前か食後に飲みましょう。

③食材
よく噛むには硬いものを食べるのはいい事ですが、
硬いものが慣れていない子はまるのみになりがちです。
食材を大きめに切ってみたり、食材に歯ごたえを残してみたりして
自然に噛む回数を増やしてみましょう。

その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.