お口のワンポイント講座 その7 唾液のはたらき

歯周病にかかりやすい人って?

【唾液のはたらき】

唾液が出てくる場所は3ヶ所です。舌の下と顎の上下の奥歯辺りから分泌されます。1日の分泌量はだいたい1.0~1.5リットルくらいです。
唾液の成分は99%が水分、残り1%がミネラルと有機質です。

★はたらき★

①消化
→唾液中のアミラーゼという消化酵素がデンプンを分解してくれます。

②潤滑
→食べ物をしめらせて、塊をつくります。
粘膜をなめらかにし、飲み込みやすくしたり発音を円滑にします。

③保護
→成分中のムチンが粘膜に付着し、乾燥を防ぎ刺激から保護してくれます。

④緩衝
→PHを中性にたもちます。

⑤抗脱灰
→エナメル質(歯の表面)の脱灰(カルシウム成分がとける)を防ぎます。

⑥洗浄
→歯や粘膜に付着した食物残渣・細菌を洗い流します。

⑦味覚発現
→乾燥した食物は唾液に溶解して味覚があらわれます。

⑧抗菌
→細菌の増殖を抑制、または殺菌をします。

その他の「お口のワンポイント講座」はこちら

ページトップへ
Copyright(c) 2012 大阪市平野区の歯医者なら平井歯科. All Rights Reserved.