インプラント治療

インプラントとは

インプラント

歯を失ってしまった場所に、チタンの人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療を「インプラント」と言います。インプラントは機能、見た目にも、天然の歯に近いためがたつかず、「自分の歯」とした感覚で噛む感覚が味わうことができます。
また、入れ歯と違って金具は見えず、健康な歯はそのまま削らないので、とても自然に見えます。

※骨や歯ぐき、全身状態により治療できないことがあります。

インプラントのメリット

  • 自分の歯に近い感覚でかむことができます。
  • 食べ物が入れ歯より美味しく食べられます。
  • しっかりとかむことによって、肥満防止や老化防止、成人病予防ができます。
  • かみ合わせがよくなり、仕事やスポーツでパワーアップします。
  • 隣の歯を削る必要がなく、他の歯に負担をかけません。

インプラントのデメリット

  • 手術が必要。
  • 骨の量が十分でない場合には、インプラントが出来ないことがある。
  • 治療期間が長い。
  • 治療後のメインテナンスが必要。
  • 値段が高い。

インプラント治療のステップ

  • 【Step1】検査診断と治療計画
    レントゲン撮影や問診などしながら、インプラントを埋める骨の状態、残っている歯の状態、失われた歯の数を調べます。その上で患者さんと一緒に治療計画について組立ます。
  • 【Step2】インプラント手術(人工歯根を埋め込み)
    歯がない場所にインプラント(人工歯根)を埋め込みます。麻酔を使用し、歯ぐきを切開して、顎の骨にインプラントを埋め込みます。インプラントと骨を結合させるために約3か月から6か月ほど待ちます。骨の状態など様々な条件により、個人差があります。
  • 【Step3】人工歯の取り付け
    インプラントの歯根に土台をつけます。事前に、歯の形や色合いなどの確認をし、人工歯を装着します。不具合や噛みあわせが悪い等はご相談下さい。
  • 【Step4】メンテナンス
    インプラント治療後は、ブラッシングケアなど正しいホームケアを行ってください。また3か月から6か月で定期的な健診が必要です。
ページトップへ
Copyright(c) 2012 インプラントなら大阪市平野区の平井歯科. All Rights Reserved.